名古屋にあるバーチャルオフィスの注意点

バーチャルオフィスの業者が多い名古屋では、いくつかの選択肢の中から選べる環境です。コストパフォーマンス重視の業者もあれば、高品質のサービスが自慢の業者もあるので、業者の信頼性も考慮しながら、慎重に検討しましょう。官公庁への登録や認可が必要な業種などでは、デスクと椅子を使用できるレンタルオフィス契約の方が適している場合もあります。業者の住所と電話番号を借りるだけの契約ゆえ、最も安価に事業用の拠点を確保できますが、その特性を理解して、正しく扱うことが大切です。たとえば、自宅の住所と連絡先を公開したくないだけであれば、基本契約だけで目的の達成となります。必要に応じて、電話応対の秘書サービスなどを追加して、出費を抑えつつも理想的な形にカスタマイズしてみましょう。

提供されるサービスの内容を具体的に確認しておこう

バーチャルオフィスの契約を行うと、その業者から商業目的で使用できる名古屋の住所と電話番号を渡されます。原則的に業者が経営しているレンタルオフィスの住所そのものであり、電話番号もそれ専用の代表電話です。しかし、業者によって提供されるサービスの内容が違っていて、基本料金では住所の使用だけで、電話番号などは追加料金を払うオプション形式になっているケースもあるので、よく比較した上で選ばなければいけません。業者の施設にある共用設備をよく利用するのであれば、契約内容によって利用料金が割安になるところがお得です。信頼性のチェックも兼ねて、一度は業者が経営しているレンタルオフィスを見学してみましょう。高級ホテルと同等の高価なインテリアが配置されたオフィスや、飾り気はないが機能性は十分であるオフィスなど千差万別だから、最終的にどこと契約するのかの重要な情報となります。

本格的な事業経営ではレンタルオフィスも検討しよう

便利なバーチャルオフィスですが、名古屋において本格的に事業経営を行っていく場合は、共用のデスクと椅子があるスペースや、専用の個室を使用できるレンタルオフィスも検討する必要があります。なぜなら、事務所としての実態がないと見なされやすいバーチャルオフィスでは、名古屋の金融機関での法人口座の開設や、社会保険などの行政手続きで引っかかってしまう可能性があるからです。業者によってはレンタルオフィスの契約でのみ登記できるケースもあるので、法人や将来的に法人化を考えている方は事前に確認をしておきましょう。月額料金が高めになってしまいますが、実態があるレンタルオフィスの方が信頼性は増加します。電話応対のサービスにおいても品質の差が大きいため、常に取引先に丁寧な対応をしてくれる業者であるかどうかも、重要なポイントです。